造成工事

お住まいや建物を建てたばかりなのに、傾いてしまったとしたら……そんな事態は避けたいところ。もしもそういったことが起こってしまったなら、厳密な地盤調査や整備が行われていなかったためかもしれません。

それを防ぐのが「造成工事」というもの。特に近年、大型の地震や台風などが頻発しているため、建物の耐震性や地盤・基礎構造などに関心が寄せられています。

いつまでも安心して過ごせるような土地や住まいにするために、造成工事は欠かせない工事なのです。

■ 地盤調査の内容ってどいうもの?

農地や空き地状態の土地を、住宅や駐車場に変更するための地盤整備を造成工事と呼びます。
整地・更地といった言葉と似たイメージがありますが、造成は簡単に言うと住宅建築に適した土地にする工事のこと。
安定した建物を造るためには欠かせない大切な工事です。

※地盤調査の内容

□建設地付近に川や沼地がある
□建設地が水田だったり、水田を造成した場所
□粘性質の高い土壌である
□林地の建物が杭打ちをしている
□車両の運行によって敷地が揺れる
□周辺の建物の外壁や基地に亀裂が入っている
□ブロック塀や擁壁が傾いている
□路面に傷みがある

これらに当てはまる場合、軟弱地盤である可能性も。地盤の沈下は入居後トラブルになることが多いため、造成工事前の地盤調査も徹底しております。

一覧ページに戻る