光触媒コーティングとは

光触媒は、チューインガムやファンデーション・日焼け止めなどに使われている酸化チタンという物質を主成分としたもの。

超微粒子化した酸化チタンを壁面やさまざまな製品の表面に吹き付け、そこに光が照射されると表面に酸化還元反応が発生。施工面に対して汚れの防止や除菌・抗菌効果を発揮する技術です。

殺菌力が高く、安全性・持続性ともに優れていることが分かっており、介護施設やクリニックといった医療機関などでも導入されています。

光触媒コーティングの最大の特徴は、除菌・抗菌効果です。
例えば室内の壁面に吹き付けると、シックハウス症候群の原因となる有害物質を分解してくれる他、インフルエンザやカビ、大腸菌・黄色ブドウ球菌・ノロウイルスといったさまざまな菌類を分解し、無害化。

さらに、株式会社一心建設で施工している光触媒コーティングには超抗菌性能を持った銅が使用されており、最近やウイルスへの高い効果が期待できます。

不特定多数の人が多く集まる公共機関はもちろん、飲食店や医療現場・学校・保育園等、さまざまな現場での導入実績があります。

▼導入実績一例

・官公庁
・医療現場
・オフィス
・飲食店
・学校・保育園
・バスやタクシーの車内
・一般住宅やマンション

その他にも数多くの実績がございます。
株式会社一心建設の光触媒コーティングに関するご紹介はこちら≫